水木しげるの第二の故郷、調布に妖怪ポストが出現!

シェアする

スポンサーリンク

ゲゲゲファンの皆さんに朗報です。
境港出身の水木しげるが50年以上住み続け、第二の故郷と言われている調布になんと「妖怪ポスト」が出現しました。

スポンサーリンク
レンダリング大

水木プロと郵便局全面協力!

妖怪ポストの設置は2015年8月28日に調布経済新聞にて伝えられました。
「ゲゲゲの鬼太郎」の聖地・調布にリアル妖怪ポスト 郵便局と水木プロの協力で – 調布経済新聞

ポストは立体駐輪場前に設置されており、実際の郵便ポストを「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する鬼太郎の家にある妖怪ポスト風にアレンジ。 屋根の茅葺きも見事に再現されてます。

またポストが置かれている立体駐輪場には鬼太郎を始め、人気キャラクターの猫娘、一反木綿、目玉の親父が大きく描かれています。

既に調布に住んでいる人たちに話題となっているようですね。

場所はこちら

他にもあるある妖怪ポスト

生まれ故郷の境港にも妖怪ポストがいくつかあり、こちらは消印もキャラクターになっているという徹底ぶりです。

公共のポスト以外でも忠実に再現された妖怪ポストがあります。
50年以上続く山形のハンドメイドクラフトの工房で郵便受けとして作られました。お値段はなんと79,800円(税抜)。
完全受注生産になりますので欲しい方は連絡!
手作り家具・ポストのクラフト専門店/ファン工房

スポンサーリンク

最後に

調布もどんどん鬼太郎で盛り上がってきていますね。

スポンサーリンク
レンダリング大
レンダリング大

シェアする

フォローする

水木しげるの第二の故郷、調布に妖怪ポストが出現!
この記事をお届けした
omatullyの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る