初日の出とは?由来・最速スポット・撮り方のコツ

シェアする

スポンサーリンク

誰よりも早く初日の出を拝みたい!
神々しいご来光をフィルムにおさめたい!

初詣は誰もが行くようになりましたが、初日の出となるとどこに行けばいいのかわからず、また寒さに負けてしまい諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。
初詣を拝みに行く人は実際に10人に1人もいないのが実情です。

けれども人が少ないということは縁起の良い初日の出をじっくり拝むことができるとも考えられます。
初日の出の由来とともにどう楽しめばいいのかをお伝えします!

スポンサーリンク
レンダリング大

初日の出の由来や意味

1月1日元日、1年の最初の日に昇る太陽を「初日の出」といいます。
元旦は元日の朝のことを指しますが、「旦」の字はまさに地平線から日が昇る形をしていますね。

正月行事は年が明けるとともにやってくる年神様を迎えるもので、そのため初日の出は大変縁起のよいものとして拝まれてきました。
そして年神様は正月飾りである門松や松飾りなどに宿り、松の内まで一緒に過ごします。

初日の出は元々「四方拝」という宮中で行われる一年最初の儀式が始まりです。
天皇が四方を拝み年の国家・国民の安康、豊作などを祈る行事で、貴族や庶民の間でも四方を拝して一年間の豊作と無病息災を祈りました。

けれども四方拝は宮中でしか残らず庶民の間では廃れ、代わりに初日の出を拝むようになっていきました。
初日の出を拝むのが特に盛んになったのは、実は初詣と同様に明治以降です。
年中行事は古くから大々的に行われてきたと思いがちですが意外と新しいものでもあることに驚きですね。

ご来光と初日の出って何が違うの?
ご来光は富士山などの高い山から望む日の出のことで、元旦でなくてもご来光と呼びます。
ただし、元旦のご来光を望むということは大変縁起が良いことなので多くの人が元旦に高尾山などから富士山のご来光をと登山するのです。

初日の出の時間はいつごろ?

初日の出を拝めるのはわずかな時間です。
暗いうちから見晴らしの良いところで待つことになります。

1年の始まりの貴重な体験が待ち遠しいという気持ちもあるとおもいますが、実はある程度昇る時間は決まっています。
毎年若干のズレはありますが、大体6時から8時くらいが目安になります。

詳しく知りたい場合は、毎年日本気象協会が発表をしていますので、参考にしてみてください。
冬ですので地域によっては外で待つのが難しい、危険な場合もあるので十分注意して判断しましょう。

また、冬に天候の悪い日本海側よりも、晴天の多い太平洋側の方が見られる確率が高いです。

スポンサーリンク

一番最初に見える初日の出スポットは?

ありがたい初日の出を一番に拝みたいという気持ちは誰もが持ってますよね。

では実際に一番最初に拝むことができるのはどこでしょう。
それは、日本の最東端である南鳥島(みなみとりしま)で初日の出の時刻は5時30分ころです。

けれども南鳥島に定住している人はおらず、また基本的に一般人は行くのは難しいです。

人が定住している場所で一番早いとなると、小笠原の母島ではないでしょうか。
こちらは日の出時刻が6時20分ごろです。

まず、日本の国土全体で初日の出がいちばん早い場所は南鳥島(みなみとりしま)で、初日の出の時刻は午前5時27分です。南鳥島は、東経約154度、北緯約24度という、本土のはるか南東の海上にある島です。

初日の出暴走

成人式に暴れる二十歳もニュースで当たり前の光景になりましたが、実は元旦にも一部地域で暴走行為があります。
関東の暴走族が富士五湖周辺を目指し道路を逆走したり、スピード違反をしたり町中や高速道路を暴走します。

目的は定かではありませんがおそらく初日の出に向かって走っているのではないかと考えられています。
暴走族同士の過激な争いなども発生することがあるので、予定がある人は気をつけましょう。

これでプロ級!スマホで「初日の出」を撮るコツ

太陽がどこから昇るのかをチェック!

海辺などの水平線から昇る初日の出を撮りたいと言う人は問題ありませんが、山や市街地の場合、方向を誤って大事なシャッターチャンスを逃してしまうなんてこともありえます。
そんなこと言っても「日は東からというのは誰でも知っているよ」と思われるかもしれません。
実は底に落とし穴があり、ビルや木々などが邪魔してしまい上手く撮ることができないことがあります。
そんな時は「日の出日の入りマピオン」というアプリなどで日の出を確認出来るものがあるので、上手く活用しましょう。

初日の出は暗く撮る!

太陽を撮影すると言うことは、逆光になります。
逆光だと黒い影だらけになってしまうので、対策として暗く写すことをオススメします。
最近は逆光で撮った写真を簡単に加工できたりもするので、対策しそびれたとしても諦めずチャレンジしてみて下さいね。

スマホで自分撮りするときは、フラッシュ機能必須!

太陽は暗く撮影をすることでキレイにとれますが、自分も一緒に撮るとなると話は別です。
逆光で真っ暗、自分に明るさを合わせると白く飛んだ写真に・・・
でもフラッシュを使うとさくっととれます

まとめ

初日の出というと言葉では知っていても中々見に行くとなると腰が重くなる人も多いでしょう。
でも初日の出が撮れるとなったら、思わずたのしくて童心に返ってしまうのではないしょうか。

スポンサーリンク
レンダリング大
レンダリング大

シェアする

フォローする

初日の出とは?由来・最速スポット・撮り方のコツ
この記事をお届けした
omatullyの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る