初詣はいつまでに行けばよい?由来や意味・喪中のときは?

シェアする

スポンサーリンク
初詣の参拝客

クリスマスやハロウィンにバレンタイン。
日本でも様々な行事が増えていますが、今でも4人に3人する行事それが初詣です。
けれども初詣とはと言われると意外と知らないことも多いのではないでしょうか。
今回は誰もが1度は行ったことがある初詣についてご紹介します。

スポンサーリンク
レンダリング大

初詣とは

成田山 新勝寺
歳徳神を迎えるために家長が大晦日の夜から元日の朝に書けて氏神の社に籠もる習慣がありました。

これを「年籠り(としごもり)」といいます。
やがて年籠りは大晦日の夜に詣でる「除夜詣(じょやもうで)」と元日の朝に詣でる「元日詣」の2つになります。

江戸時代、その年の恵方にあたる寺社を参拝する(恵方詣り)と、幸運が巡ってくると言われていました。
そのため特に年始に御利益が多いとされたことから、初詣には恵方に当たる寺社がえらばれたのです。
明治になると年籠りせずに初詣をするスタイルに変わっていきます。

恵方とは
歳徳神の位置する方角のことです。
日本古来の信仰、中国の陰陽五行説、仏教など様々な考えを基に決められています。
家の建築、結婚、旅行、ビジネスなどに大変良い方角とされ広く信じられてきたものです。

初詣はお寺?それとも神社?

本来、地域の氏神(うじがみ)あるいは菩提寺(ぼだいじ)に参拝するものです。
氏神とはその地域に住む人が共同で祀る神様で、また菩提寺とは先祖の墓があるお寺を指します。
歳徳神は豊作の神様であり、また先祖の霊でもあります。
その神様をお迎えするのが正月なのです。

最近では、有名な寺社仏閣に詣でることが一般的になりました。
これは明治以降、鉄道の発達により遠くの寺社へ足を運ぶことが用意になったためです。
また登山も安全に行えるようになり、ご来光を観ようとする人達も増えました。

2カ所3カ所と回る人も増えているので、有名どころだけでなく、初心に返って氏神や菩提寺に参拝するのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

初詣はいつまで?喪中の人は?

正月の期間もさまざまな考え方はありますが、基本的に初詣にいつまでという決まりはありません。
一般的には3が日という考えが浸透しています。
なお、混雑を避けるなら元日の午前中がオススメです!
例年2日、3日と人出はどんどん増えていく傾向にあります。

また1年以内に身内に不幸があった場合は気をつけましょう。
忌中、喪中の方は正月はお祝い事は控え、静かに過ごします。
神社のようなハレの場所に詣でるのは忌中の期間は避けましょう。
喪中であれば初詣は問題ありません。

喪中の正月の過ごし方?喪中ハガキの書き方にNGなこと全公開
喪中の正月の過ごし方?喪中ハガキの書き方にNGなこと全公開
「葬式は終わったけど喪中ってどうすればいいの?」 「喪中ってどこまでの身内?いつまで続けるの?」 「喪中ハ >>続きを読む

初詣で一体何をする?やり方は?

まずは手水舎で手や口を清め本殿に向かい、賽銭を入れ、鈴を鳴らし、拝礼をし祈願をしましょう。

気になるお賽銭は?

ご縁があるので5円というのがお賽銭としてよく知られていますがいくらがよいのでしょうか。
あくまでお賽銭は日頃の感謝と来年への祈願です。
賽銭として出した金額の高いほど願いが叶うわけではありません。
とはいえいくらか悩む人もいると思います。
以下のアンケートでは平均605円という結果がでていますので目安とするのもよいでしょう。

みんなどんなことを祈願するの?

恋愛、合格祈願、無病息災と祈願することは人それぞれです。
初詣は家族で行く人達が多いためか、家族に関する祈願が多いようですね。

初詣で見かける縁起物

境内ではその年にあわせた縁起物がたくさんあります。
自分のお気に入りのものが見つかったら是非入手し大事にしましょう。

おみくじ

おみくじ
1年を占うものとして一番親しまれている縁起物ではないでしょうか。

お守り

様々な形態でいつでも入手しやすいものでもあります。
初詣など正月はその年の干支にまつわるものを入手するのが良いでしょう。
寺社によっては頂けるところもあります。

御札

家の神棚などに祀る御札です。
できるのであれば年が明ける前に用意するのがよいのですが、最近は初詣のタイミングで入手する人も多いようです。

破魔矢(はまや)

破魔矢
正月に限らず縁起物として知られていますが、実は正月行事である弓の技を試す「射礼(じゃらい)」が由来とされています。

絵馬

絵馬
自分の願掛けしたい内容と自身の名前を書き、絵馬掛けに飾り奉納します。
最近では、絵心のある若者文化としてアニメやゲームのキャラを自分で描く痛絵馬と呼ばれるものも多く奉納されます。

土鈴

縄文時代から祭などで使われていた縁起物です。
江戸時代に絵付けされたものが多く出回るようになり、かわいらしいものがたくさんあります。

達磨

だるま
新年に片方に目を入れ、願いが叶ったら残りの目を入れるという願掛けは有名です。
商売繁盛や合格祈願として売られていることが多いですね。

御神酒

御神酒
神社によっては振る舞われることがあります。
御神酒は神様のお供え物を体内に入れることで力をもらうと言う意味があり

甘酒

甘酒
御神酒と同様に振る舞われたり、自宅用に販売されることがあります。
元々夏に飲むのが主流ですが、五穀豊穣を願う正月にもいただくそうです。
御神酒も甘酒も燗されていることが多いので、身体を温める意味も込めていただくことをオススメします。

お焚き上げ

お焚き上げ
神社で昨年のお守りや御札などの縁起物を燃やすことをお焚き上げといいます。
地方によってはとんど焼き、左義長など様々な呼び方があり、その場合、地域やお寺などで行います。

初詣したら…

実は初詣が終わったら、福をこぼさないよう寄り道せず真っ直ぐ家に帰ることが良いとされています。

元旦に初詣に行かれる方はお店も閉まっているのでまっすぐ帰るかもしれませんが、2日、3日などですと福袋を買いに行きたい、どこかに遊びに行きたい、正月の挨拶回りに行きたいなんて思っちゃいますよね。

まとめ

やっぱり日本で過ごすなら外せない初詣。
今も多くの日本人が行うのは時代にあった楽しみ方をすることで伝統を守ってきたからではないでしょうか。
これからも時代に合わせた楽しみ方で初詣していくのはいかがでしょうか。

▶関連記事 【人気or穴場】東京の初詣はどこに行く?おすすめスポット27選

▶関連記事 関西でここは外せない!初詣おすすめランキングtop5

▶関連記事 中部地方でここは外せない!初詣おすすめランキングtop5

スポンサーリンク
レンダリング大
レンダリング大

シェアする

フォローする

初詣はいつまでに行けばよい?由来や意味・喪中のときは?
この記事をお届けした
omatullyの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る