貴重なおひな様は博物館のイベントで!2015年の全国のひな人形展30選

シェアする

スポンサーリンク

3月のひな祭りにあわせ、各地で雛人形の展示がおこなわれています。

歴史ある人形や郷土の特色をもつ人形など家庭の雛飾りとはまた違った見所もあります。ひな祭り前後にゆったりと期間を設けてあるのも嬉しいところ。

今回は各地の展示をご紹介します。

スポンサーリンク
レンダリング大

目次

北海道

小樽市総合博物館 第一展示室(小樽市)

「ひな人形の展示」
2015年3月8日(月)まで (※運河館は休館なしとのこと)
9時30分から午後5時
Facebookページ − Otaru Museum

江戸中期の五人囃子、江戸末期の古今雛など9組の人形を展示。3月1日に一足早く「はくぶつかんのひなまつり」と題してイベントを行ったそうです。

東北

弘前市立博物館(青森県弘前市)

「企画展4 おひなまつり」
2015年2月1日(日)〜3月22日(日)
9:30〜16:30
第3月曜日休館
弘前市 − 弘前市立博物館

本間美術館(山形県酒田市)

「雛祭 古典人形展」
2015年2月28日(土)〜4月6日(月) 会期中無休
9:00~16:30(最終入館16時)
公式HP – 公益財団法人本間美術館
本間美術館Blog

「日本一の地主」といわれた本間家、所蔵するひな人形。展示の様子は公式ブログにも紹介されていて、豊富なコレクションが窺えます。先日、「鶴岡一の豪商」風間家へひな人形が65年ぶりに里帰りとニュースになっていたコレクションも管理している美術館です。

スポンサーリンク

関東

▼次の3つの展示(旧柳下邸・三溪園・横浜人形の家)については「横浜ひなめぐり」と題されたスタンプラリーも開催しています。(2月14日〜3月8日まで)
横浜ひなめぐり

横浜人形の家(横浜市中区)

「横浜人形の家 ひな人形展」
2015年2月14日(土)〜3月8日(日) 3月22日(日)まで延長!
9:30〜17:00 (※最終入館16:30)
公式HP – 横浜人形の家

伝統的なひな人形からリカちゃん人形のおひな様や創作ひな人形まで。
天児(あまがつ)・這子(ほうこ)といったひな人形の原型とされるものや、立雛や江戸時代の享保年間に流行した享保雛、次郎左衛門雛など伝統的なおひな様。また人形の久月とタカラトミーがコラボした「リカちゃんのひな人形」も注目です。

三渓園 旧矢箆原家住宅(横浜市中区)

「合掌造りの古民家で見るお雛さま」
2015年2月11日(水・祝)〜3月23日(月)
9:30〜16:30 休館日なし
※3月4日から人形の展示替えがあるとのこと
公式HP – 三渓園

スクリーンショット-2015-03-04-18.47.45-603x480

三渓園の梅の様子がホームページで公開されています。梅の開花にあわせて出かけてみるのも楽しそうです。

根岸なつかし公園 旧柳下邸(横浜市磯子区)

「第九回 旧柳下邸の雛まつり」
2015年2月14日(土)〜3月8日(日)
9:30〜16:30
第2・4火曜日休館(祝日の場合は翌日休)
公式HP – 根岸なつかし公園 旧柳下邸

大正時代から現代までのおひな様を屋敷の座敷にて展示。また「おとなの塗り絵教室」も開催。

下妻市ふるさと博物館(茨城県下妻市)

「第4回ひなに魅せられて~ひな人形の世界~」
2015年2月7日(土)~3月8日(日)
9:00~16:30
公式HP – 下妻市

茨城県立歴史館 一橋徳川家記念室(茨城県水戸市)

「雛と人形」
2015年2月14日(土)~3月15日(日) 休館:月曜日(ただし3月9日と16日は開館)
9:30~17:00(入館は16:30まで)
公式HP – 茨城県立歴史館
公式HP – 茨城県教育委員会 – イベント情報
スクリーンショット-2015-03-04-18.49.15
今年は「小さきものたちの宴」と題して小さなおひなさまを展示。

北陸

福井県立恐竜博物館(福井県勝山市)

恐竜ひな人形の展示
9:00~17:00(最終入館16:30)
公式HP – 福井県立恐竜博物館

変わり種のおひなさまイベントは今年で4回目になる恐竜ひな人形。
「恐竜ひなまつり」イベント自体は2月28日(土)、3月1日(日)に終了していますが、プレスリリースによれば恐竜ひな人形は2015年3月15日(火)まで展示されているようです。恐竜模型造形家・荒木一成(あらきかずなり)氏制作の恐竜ひな人形。
公式HP – 福井県立恐竜博物館 – 恐竜博物館に「恐竜ひな人形」が登場します!

中部・東海

信州須坂 豪商の館 田中本家博物館(長野県須坂市)

「豪商 田中本家のひな祭り」
2015年2月21日(土)〜6月1日(月)
※閉館時間については時期により変わります
〜3月 9:30〜16:30
4月〜 9:00〜17:00
公式HP – 信州須坂 田中本家博物館
スクリーンショット-2015-03-04-18.51.03-640x432
田中本家に伝わる、代々の女児の初節句にあつらえられたひな人形250点余り。保存状態のよい優美な人形たち、保存には「雛土蔵」とよばれる専用の土蔵があったというから驚きです。

須坂アートパーク内「世界の民俗人形博物館」および「須坂版画美術館」(長野県須坂市)

「三十段の雛飾り 」
2015年1月21日(水)~4月19日(日) 期間中無休
(※版画美術館は5月31日(日)まで展示)
9:00~17:00(最終入館16:30)
公式HP – 一般財団法人 須坂市文化振興事業団

須坂アートパークの複数施設でひな人形を展示しているそうです。
ほか同パーク内の歴史的建物園にも飾られるお雛様と合わせなんと約6,000体とのこと。また須坂の町ぐるみでひな祭りの展示をしているとのこと、市内施設90箇所以上でおひなさまが楽しめるというのはすごいですね。

須坂市立博物館(長野県須坂市)

「今よみがえる江戸のさくらじゃく譜と須坂藩主ゆかりのお雛様、印籠・根付」
2015年3月3日(火)~5月10日(日)
(※休館日:3月9日・16日・21日・23日・30日・5月7日)
9:00〜17:00(最終入館16:30)
須坂市立博物館だより

須坂藩堀家に伝わる江戸時代の雛人形・雛道具を展示。
また「じゃく譜」という多くの美しいさくらが細密に描かれた図譜や、印籠・根付コレクションも公開。

佐野美術館(静岡県三島市)

「花のお江戸の雛飾り 極小美の世界」
2015年2月21日(土)〜4月5日(日)
10:00〜17:00(最終入館16:30)
公式HP – 佐野美術館

高さ10cmほどのひな人形など江戸の技術の粋を集めたひな飾りの展示が観られるとのこと。また雛道具のなかに実際に動き、かすかな鐘の音が聴こえる櫓時計があります。同時開催「花を描くー日本画にみる」「花の刀と刀装具」。

岡崎市美術博物館(愛知県岡崎市)

「岡崎市美術博物館所蔵品展 暮らしのうつりかわり」
2015年1月31日(土)〜3月29日(日)
10:00〜17:00(最終入館16:30)
公式HP – 岡崎市美術博物館

暮らしにまつわる展示のなかに「享保雛」や土人形などが含まれているようです。

徳川美術館(名古屋市東区)

「尾張徳川家の雛まつり」
2015年2月7日(土)〜4月5日(日)
10:00〜17:00(最終入館16:30)
公式HP – 徳川美術館

尾張徳川家の姫君のためにあつらえられた絢爛豪華な雛飾り。家紋のついた雛道具は実際の婚礼調度をミニチュアにしたもので、その精巧さに目を見張ります。寄贈された「特別公開 志村家旧蔵 御殿雛飾り」は紫宸殿を模した御殿が豪華で、京都のひな文化を知ることができます。高さ2メートル、間口約7メートルにおよぶ「尾張徳川家 三世代の雛段飾り」も見応えがあります。

豊橋市二川宿本陣資料館(愛知県豊橋市)

「二川宿本陣まつり ひなまつり」
2015年2月1日(日)〜3月15日(日) (月曜休館)
9:30〜17:00(最終入館16:30)
公式HP – 豊橋市二川宿本陣資料館

東海道五十三次中33番目の宿場「二川宿」。旧家に伝わるおひなさまや吊るし飾り、ひなまつりの描かれた浮世絵などを展示。

田原市渥美郷土資料館(愛知県田原市)

「第29回 ひな祭り展」
2015年2月1日(日)〜3月15日(日) (月曜休館)
9:00〜17:00(最終入館16:30)
公式HP – 田原市渥美郷土資料館
スクリーンショット-2015-03-04-18.52.12-440x480
毎年恒例の展示企画。手作りの紙びな制作コーナーや、市内の文化施設をめぐるスタンプラリーなどのイベントも行われます。

田原市博物館 企画展示室(愛知県田原市)

平常展「ひな人形と初凧展―女の子の節句・男の子の節句―」
2015年2月7日(土)~4月5日(日) 月曜休館
9:00〜17:00(最終入館16:30)
公式HP – 田原市博物館

土人形、内裏ひな人形、御殿飾りのほか今年制作された凧(初凧)の展示と男女の節句にまつわる展示となっています。

みよし市立歴史民俗資料館(愛知県みよし市)

「冬季企画展 第33回ひな人形展-世代を超えて受け継がれる人形たち-」
2015年1月24日(土)から3月22日(日)
(休館日:月曜・祝日の場合は翌平日・3月2日、3月9日、3月16日)
9:00~17:00(最終入館16:30)
公式HP – みよし市ホームページ

開館翌年から毎年続く企画展。内裏びな、御殿飾りなど200体を数える展示が観られます。

関西

京都国立博物館 平成知新館 名品ギャラリー(京都市東山区)

「特集陳列 雛まつりと人形」
2015年2月21日(土)〜4月7日(火) 月曜休館
9:30~17:00(最終入館16:30)
公式HP – 京都国立博物館

天児・這子・寛永雛・元禄雛・享保雛・古今雛と時代による変化を感じられる展示。近年ではあまりみられなくなったという、関西風の「御殿雛」も陳列されるそうです。

大阪くらしの今昔館 企画展示室(大阪市北区)

「浪花の春を彩る 浪花の大ひな祭り」
2015年3月8日(日)~3月29日(日)
(会期中の休館日:3月10日、16日、17日、24日)
10:00〜17:00
公式HP – 大阪くらしの今昔館

摂南大学と大阪くらしの今昔館共催。市民の方に提供してもらい約1,000 体のひな人形で巨大なひな壇を造る企画を昨年に続いて開催とのこと。

奈良県立民俗博物館および大和民俗公園内 旧臼井家住宅(奈良県大和郡山市)

奈良県立民俗博物館「季節展ひなまつり~人形たちの宴~」
2015年2月14日(土)~3月29日(日)(休館日:月曜・祝日の場合は翌平日)
9:00~17:00(最終入館16:30)
公式HP – 奈良県ホームページ

大和民俗公園内 旧臼井家住宅「古民家でひな祭り」
2015年2月14日(土)~3月8日(日) (月曜閉園)
9:00〜16:00
大和民俗公園案内

日本玩具博物館(兵庫県姫路市)

春の特別展「雛まつり~まちの雛・ふるさとの雛~」
2015年2月7日(土) 〜 4月14日(火) 水曜閉館(祝日は開館)
10:00~17:00
公式HP – 日本玩具博物館/
日本玩具博物館・春の特別展
スクリーンショット-2015-03-04-18.53.44-640x464

春の恒例展。今年はコレクションのなかから時代性や地域性に注目したものを選んで展示されているとのこと。ホームページ上でも写真や解説が豊富なのが嬉しいですね。
東京都目黒区の雅叙園で開催中の「百段雛まつり〜瀬戸内ひな紀行」にも所蔵品のひな人形やちりめん細工を展示中だそう。

四国

四国民家博物館(四国村) 農村歌舞伎舞台(香川県高松市)

「四国村のひな飾り」
2015年2月12日(木)〜3月22日(日)
8:30〜16:30(入村は閉村30分前まで) 会期中無休

四国村日記 – ひな飾り 好評です!
公式HP – 四国村

源平の古戦場として知られる屋島山麓にある、四国各地の古民家を移築復原した野外博物館。ひな飾りの展示される「農村歌舞伎舞台」も江戸期のものと推定される貴重な建物です。

徴古館・佐賀市歴史民俗館ほか(佐賀県佐賀市)

「第15回 佐賀城下ひなまつり」
2015年2月21日(土)~3月22日(日) 期間中は休館日なし
10:00~17:00
公式HP – 佐賀市観光協会WEBサイト
スクリーンショット-2015-03-04-18.34.50-640x446

佐賀藩鍋島家伝来のひな人形や手織り佐賀錦などのおひなさまが飾られるとのこと。期間中、市内各所でもイベントが催されるようです。

「宇和先哲記念館」・「宇和民具館」および「宇和米博物館」(愛媛県西予市)

「宇和の雛めぐり」
2015年2月5日(木)〜4月5日(日) 月曜休館・祝日の場合は翌日
9:00〜17:00(最終入館16:30 ※また最終日は16:00閉館)
公式HP – 西予市ホームページ
宇和の雛めぐり案内

市民の方々から寄贈された雛飾りや雛人形などを展示する企画で、西予市宇和町の3館にて行われます。

九州・沖縄

佐賀県立九州陶磁文化館(佐賀県西松浦郡)

「第10回 やきものとひなまつり」
2月3日(火)〜4月5日(日) 月曜休館
9:00〜17:00
公式HP – 佐賀県立九州陶磁文化館

貴重な人形や雛道具の展示、古陶磁器など華やかなものが並ぶそう。
期間中は「ひな人形ぬり絵展」も。

糸島市立志摩歴史資料館(福岡県糸島市)

『糸島のひなまつり 2015』
2015年1月31日(土)~3月22日(日)月曜休館
10:00~17:00(最終入館16:30)
公式HP – 糸島市

長崎歴史文化博物館 歴史文化展示ゾーン 町屋(長崎県長崎市)

常設展 町家「桃の節句」
2015年2月18日(水)~4月20日(月)
8:30~19:00(最終入館18:30)
公式HP – 長崎歴史文化博物館
スクリーンショット-2015-03-04-18.44.59-584x480

長崎の江戸時代の町家を復元したコーナーで楽しめるおひなさまです。
桃の節句の伝統料理なども展示。

まとめ

博物館でひな祭り、気になる企画はあったでしょうか?
1年限りの展示もありますが長年続く毎年恒例となっている展示もありました。
ひな人形の歴史的変遷が見られる貴重な品々や、各地の風土や特産が反映された展示はひな祭りと一口にいっても風習の違いが見られて面白いですね。

スポンサーリンク
レンダリング大
レンダリング大

シェアする

フォローする

貴重なおひな様は博物館のイベントで!2015年の全国のひな人形展30選
この記事をお届けした
omatullyの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る