こんな逸話があった!ジャックランタンの由来

シェアする

スポンサーリンク

ハロウィンに欠かせない少し不気味で可愛らしいジャックランタン。
みんなカボチャをくり抜いたり、シールを張ったりして色んな顔を作って飾ってますよね。
けれども意外とどんなものなのか知らなかったりします。

今回はそのジャックランタンの由来をご紹介します!

スポンサーリンク
レンダリング大

「ジャックランタン」とは?

アイルランドおよびスコットランドに伝わる鬼火のような存在。
「ジャック・オー・ランタン」「ジャッコランタン」とも呼び「ランタン持ちの男」を意味します。別名「提灯ジャック」とも。
火の玉姿のほか、光る衣装を着たカボチャ頭の男の姿であらわれることもあるといいます。

さまようジャックとランタン

アイルランドの古い伝承にジャックというずる賢い男が登場します。
魂を狙う悪魔とある約束を取り付けます。10年後に自分の魂を差し出す代わり使っても減らないコインをくれるよう申し出たのです。悪魔がコインに姿を変えるとジャックはそれを使って面白おかしく過ごすのでした。

やがて約束の日がやってきました。魂を貰い受けるという悪魔にジャックは「最後にあの木になっている林檎が食べたい」と言います。最後の望みを叶えてやろうという悪魔を木に登らせます。悪魔が林檎をもごうとしたところ木の幹にはなんと悪魔の苦手な十字架が彫ってあったのです。それは前もってジャックが彫りつけておいたものでした。恐ろしくて動くことができなくなった悪魔はやっとの思いでジャックに助けを求めます。ジャックは助ける代わりに今後二度と自分の魂を奪おうとしないことを約束させます。渋々ながら悪魔は了承するしかありませんでした。

その後ジャックは寿命を全うしました。しかし生前の行いが悪かったため天国に行くことを拒否され、また生前の悪魔との約束から地獄にも行くことができません。あの世とこの世の間、暗闇のなかに迷うジャックを憐れんだ悪魔から火種の石炭を貰い、転がっていたカブをくり抜いてランタンとしました。それを片手に自分が安住できる地を求めてさまよい続ける姿がジャックランタンとなったそうです。

ケルトの伝承がルーツであるとも、イングランドに伝わる鬼火「ウィル・オ・ウィスプ」と類似もしくは同一の伝承であるともいわれ起源には諸説あるそうです。またあらすじにも少しずつ違いがあるようです。

スポンサーリンク

カブからカボチャへ、変化したランタン

日本でも馴染みのあるジャックランタン。
カボチャの中身をくり抜き、ナイフで目・鼻・口を作り、中にロウソクを立てて飾ります。実はこれはアメリカ風の飾りつけなんです。

元々ランタンはカブをくり抜いて作られていました。
やがてアイルランド、スコットランドの風習が移民と共にアメリカに伝わりました。元はカブを素材としていましたがカボチャへと変化を遂げます。アメリカではカブよりもカボチャの栽培が盛んであったことが理由のようです。

一方スコットランドでは現在もカブを使っているとのことで、カブといえば「ルタバガ」(スウェーデンカブ)というほど。伝統料理のハギスにも用いられています。ルタバガは明治期に日本でも栽培されましたがあまり普及しませんでした。日本で食べられているカブとはまた違った味わいがあるそうですよ。

カブで作られたランタンは灰色で恐ろしげな表情をしています。それに比べてカボチャのランタンは明るい色合いとユーモラスさで随分と親しみやすい見た目です。カボチャランタンのユーモラスさが今のハロウィン人気の一因なのかもしれませんね。
ともあれこうしてカボチャのジャックランタンはハロウィンの欠かせないシンボルとなりました。

スポンサーリンク
レンダリング大
レンダリング大

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
omatullyの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る