旧正月って一体いつ?正月と何が違う?日本と世界の旧正月まとめ

シェアする

スポンサーリンク
春節

「旧正月ってお正月じゃないの?」
「なんで中国の2月に正月するの?」

日本では1月1日の元旦にお正月を迎えますよね。
けれども、アジアでは旧暦が今でも風習として根強く残っているところがあります。
昨今賑わせている中国人観光客による「爆買い」は日本だけでなく、世界中で注目されました。
今回は、旧正月に日本ではどのような行事が行われているのか、また一番インパクトをもたらす中国を中心に各国の旧正月について紹介します!

ちなみに2017年の旧正月は2017は1月28日土曜日前後になります。

スポンサーリンク
レンダリング大

そもそも旧正月とは?春節とは何が違うの?


旧正月とは「旧暦」でのお正月になります。
旧暦とは主に東アジアで使われていた中国を起源とする暦で「太陰太陽暦」といいます。

太陰太陽暦は「太陰暦」とも呼ばれ、日本ではそれをもとにした「天保暦」が明治5年まで使われていました。
明治6年以降日本ではキリスト教により制定された「グレゴリオ暦(西暦、新暦)」が利用されています。

中国でも1911年の辛亥革命によりグレゴリオ暦に変わりましたが、太陰太陽暦は農暦と呼ばれ、今でも人々の生活の規範です。

日本で旧正月と呼ばれている時期を中国では「春節」と呼び、国定の祝日とされています。

新暦の正月以上に盛大に祝われる春節は、日本同様に故郷に帰って過ごすのが一般的です。
中国では仕事の多くが大都市にあるため、人々も大都市に集中します。
中国各地から働きに来た人たちは旧正月に帰省をするのですが、交通手段が限られていることや国民全員が一斉に休日を取るためどの列車もプラチナチケットとなります。
そして交通網はどこも想像を絶するほどの混雑・渋滞になり、これを「春運」と呼びます。

中国の春節はいつからいつまで?どんな祝い方をするの?


春節は元旦と同じ意味です。
旧暦12月23日から旧暦正月15日を指します。
日本同様先祖を祭るとともに、豊作を祈念することが一般的でした。
伝統的には旧暦12月24日に大掃除をして竈(かまど)の神を祭ります。
新暦と数え方が違うため毎年時期が違い、2017年は1月28日です。

正月料理

春節の前日である「除夕(日本でいう大晦日のこと)」では特別なとり肉や魚料理を一般的に食べます。
中国では「年年有余」という毎年経済的に余裕がでる、お金が残る、ゆとりある生活ができることを指す言葉があります。
この最後の「余」が「魚」と同じ発音なため、魚を食べることで願掛けすることが由来となっています。

一方で、広大な中国には様々な文化があり、正月料理も大きく違ってきます。


中国南部ではもち米の粉で作ったあまい餡(あん)の入ったお団子「元宵団子」を、旧正月15日目に食べるのが定番です。
お団子の丸いかたちが「円満」「団結」を表すと同時に、熱いうちに食べると風邪をひかないという言い伝えがあります。
日本のお雑煮のように地域によって味付けも異なり、なんだか親近感がわきますね。

By: ume-y


一方北部では大晦日の24時になる前に作り終え、子の刻(23時から午前1時の間)にお金を思わせるかたちをした餃子を食べます。
餃子の中にはいくつか種類があり「なつめ」は甘く幸せな1年を過ごせる、「落花生」は健康長寿、「硬貨」は金運がよいなどおみくじのように1年を占うようです。

倒福

By: 阿德


倒福は「春聯(しゅんれん)」と呼ばれる赤い紙の一種で家の入口などに貼ります。
中国のおめでたいものとして有名ですよね。
やってくるという意味の「到」とたおれるという意味の「倒」が同じ発音であるため語呂合わせで福という字を逆さにして飾ります。
他にも倒福だけでなく、家の入り口には年画、窓には剪紙(切り絵)を貼ります。

爆竹

爆竹

photo by 滕


爆竹も中国の祝事でかかせません。
大量の爆竹が一気に爆発する様子は大きな音でびっくりしますが、どこかすっきりするところがありますね。
日本でも九州や沖縄など爆竹をお盆などで鳴らす地域もあるので馴染み深い人もいるのではないでしょうか。
由来は諸説ありますが1つ紹介します。
その昔、西方の山奥に人間の姿をした1本足の妖怪「山魈」が住んでいました。
出会った人は高熱を出し、苦しみ死んでいくと言われ、春節の時期に人里に降りてくると恐れられていたのです。
そんな「山魈」から避けるために爆竹が用いられたと言われています。

マンドリル
ちなみに今「山魈」というと実は妖怪ではなくマンドリルのことを指すそうです。
だいぶ危険度は減りましたが、それでもちょっと怖いかもしれませんね。

獅子舞、龍舞

日本でもお馴染みの獅子舞は中国でも祝事によく現れます。
獅子舞は、獅子頭と前足に1人、後ろ足と背中に1人で計2名それに加え楽団でと構成されています。
この辺りは日本とほぼ同じですね。


獅子舞とは違い龍舞は中国というイメージが強いのではないでしょうか。
全長25mの「龍」を9人がかりで激しく動かし、「玉」を1人、「太鼓、銅鑼」などの鳴り物が5人、なんと合計15人で踊り、「五穀豊穣」「招福破邪」を祈願します。

拝年

日本でも新年の挨拶をしますが、中国も同様に、年配者や親戚、春節を祝う言葉などであいさつをします。
朝早く起きる、正装に着替える、あいさつの仕方にも相手によって作法が違うなど、日本よりルールが多いようです。

お年玉


日本のポチ袋はキャラクターや色など多彩ですが、中国ではデザインは多様ですが、全て赤です。
中国ではめでたい時は赤が欠かせませんね。
この赤いポチ袋を「紅包」、中のお年玉を「圧歳銭」といい子どもが受け取ります。
「歳」は「祟」と同じ発音で、子どもを襲う祟りを抑えるという民間信仰から来ています。

なんと中国ではお年玉を受け取るのは子どもだけではありません。
「利是」と呼ばれる既婚者から未婚者に送られるお年玉があるのです。
中々屈辱的なお年玉ですよね…

やってはいけないこと

歳歳
春節では祝事を行う一方、縁起が悪いとしてやってはいけないこともあります。
それはお皿を割ってしまうことです。
もし割ってしまった場合には、「歳歳平安(ずっと平和でありますように)」と唱えることで悪い運を良いものに変えます。
「歳歳」は「砕砕(砕ける)」と同じ発音で割れた皿が大丈夫というおまじないなのです。

また幸運の糸を切ってしまわないため刀やはさみなどの刃物の使用は禁止で、しまってしまう家もあります。
地を掃いたり、ゴミを捨てたりもしません。
これは幸運や福を家から吐き出してしまわない様にするためだそうです。
日本の正月も同じような風習がありますね。

爆買い

kankou_shopping_asia
春節は1週間ほどの休暇期間になるので、それを利用して観光旅行する人達も少なくありません。
この観光旅行をする人達が海外でたくさんものを購入するため、それを日本では「爆買い」と呼びました。
日本で発生した爆買いの理由は3つあります。

  • 円安の影響…円安になると中国人からすると、日本製品が安く買えます。
  • 日本製品の安全性への信頼…日本製品の信頼が高いことと合わせて中国製品への不信感もあります
  • 中国の関税による内外価格差…関税により中国国内での日本製品の購入価格は高い傾向にあります

ではどんなものが爆買いされているのでしょうか。
中国人観光客から四宝と呼ばれている「炊飯器」「魔法瓶」「セラミック包丁」「温水洗浄便座」から比較的入手しやすい「化粧品」や「医薬品」なども人気があります。
また一時期「おむつ」は日本の薬局から消えてしまい日本人が購入できないほどだったのも話題になりました。

けれども2016年に入り、爆買いが急激に減少しているのをご存じでしょうか。
こっちらも3つの理由が指摘されています。

  • 中国政府による贅沢禁止令の徹底…中国国内で数万単位で罰せられている人がいます
  • 越境ECサイトなどの充実…中国に限らず国外のものをインターネットで購入しやすくなっています
  • 観光目的の変化…モノよりコト、体験を求める観光客が増えてきました

韓国の化粧品など日本以外でも爆買いが発生しているようです。
人口のとてつもなく多い国での一大行事ですから世界に大きな影響を与えるのは中国の春節の大きな特徴ではないでしょうか。

では中国以外の旧正月はどのようなモノでしょうか。

スポンサーリンク

中国以外でどんな国が旧正月を祝ってる?

台湾


基本的には中国と大きく変わりませんが、ランタンフェスティバルは世界的に有名です。
「台湾ランタンフェスティバル(台湾燈會)」は、1990年からスタートした旧正月のシーズンに、年々人気を集めている台湾を代表する大イベントです。いついつに行われ、2017年は2月11日(土)〜19日(日)になります。

韓国(ソルラル)

photo by Mai-Linh Doan

photo by Mai-Linh Doan


旧正月を韓国語で「ソルラル」といいます。
中国の旧正月と似ているところはとてもありますが、先祖供養のために行われる茶礼やユンノリという正月遊びをしたり、日本でもお馴染みになった「トック」をお雑煮として頂きます。
韓国へ旅行に行くときは中国同様チケットが取りにくいのでかなり前からチェックしておく必要があります。

タイ(ソンクラーン)


タイではチャトラカンティと呼ばれる旧暦の新年を「ソンクラーン」といいます。
ソンクラーンはもともと仏像や仏塔、年長者に水をかけて祝うお祭りです。
今では町中の通行人同士が激しく水を掛け合うお祭りとして世界的に有名になりました。
バックパッカーが集まる特にカオサン通りやチェンマイでの水掛祭りは人気です。
4月13日から15日に固定されて行われており祝日になっています。

ベトナム(テト)

ベトナムの旧正月はテトとよばれており、2017年は1月28日(土)になります。
国全体が休みになるテト休みは1月27日(金)~1月31日(火)の4日間です。
この期間はお店などが閉まっていることが多いので、旅行に行かれる際は事前にチェックして置いて下さいね。
中国は旧正月などの慶事で赤色を使いますが、ベトナムでは北部では赤色、南部では黄色が祝い事の色として街を彩ります。
また、旧正月前後のベトナムでは町中で、お決まり音楽が流れてきます。
いくつか曲はありますがここでは1つ紹介します。

マレーシア

移民国家のマレーシアではなんと正月が4回あります。
新暦での正月、旧暦での旧正月に加え、イスラム暦、ヒンドゥー暦の4つです。
イスラム暦の新年は祝日ではありますが、粛々と過ごし、一方ヒンドゥー暦ではランプを飾り、女性達は着飾り大いに盛り上がります。

マレーシア同様多民族国家ではありますが、中華系が7割を占めているため、
基本的には中国の旧正月と似ています。
観光国家でありますが、旧正月は閑散としますので、遊びに行くときは気をつけた方が良いかもしれません。

日本で旧正月は祝ってる?

いままでご紹介したように中国の影響が強いアジアでは正月は旧正月というイメージが強いようです。
実際日本でも神戸や横浜の中華街は大いに盛り上がります。

ではその他の日本の旧正月はどうでしょう。
新暦での1月1日が当たり前となってしまいました。

正月は一体いつからいつまで?【元旦・3が日・松の内】
正月は一体いつからいつまで?【元旦・3が日・松の内】
「仕事が始まっているけどいつまで正月なの?」 「三が日までがお正月でしょ」日本人にとって年末から始ま >>続きを読む

しかし日本にも旧正月は残っています。
その中から今回いくつか紹介したいと思います。

出雲大社の福神祭

1cd886706b75bcc4336e06e80282442a_s
出雲大社・出雲大社教の福神祭は、旧暦の大晦日から元旦にかけて、大勢の方が夜通し神楽殿にお籠もりするお祭りです。
福の神として崇敬される大黒様から、新年の福、よいご縁をいただきます。
今でこそ深夜に初詣に行くのが当たり前になりましたが、昔は年神様は家にやってくるので、夜通しお迎えするために家にこもっていました。
まさに旧正月らしいお祭りではないでしょうか。

尚2017年の福神祭は1月28日(土)午前1時からとなります。
※1月27日(金)の深夜のお籠もりになるので要注意。
参考出雲大社HP

和布刈神事

毎年旧正月早朝に福岡県北九州市門司の和布刈(めかり)神社で和布刈神事(めかりしんじ)が行われます。
その年一番の海草を海から取る神事で、この寒い時期に干潮時に神官が海に入り、若布を取って神殿に供えます。

1200年ほどの歴史を持つ古い神事で、以前は非公開でしたが現在は公開されており、毎年テレビ局と多くの見物人が寒い中集まります。

久高島の神事「シャクトゥイ」


シャクトゥイは家族の健康を願う神事で、久高島の拝所で「あけましておめでとうございます」とともに島民が歌三味線にあわせたカチャーシーと呼ばれる沖縄民謡を踊ります。

2017年は1月28日(土)になります。

追儺式

日本では実は旧正月にまつわる行事が1つあります。
それは節分です。
ルーツは「追儺(ついなしき)」であると言われ、旧暦の大晦日に宮中で行われていた行事の1つでした。
鬼を払い、五穀豊穣を願う厳かな儀式でしたが、次第に民間の風習として広まりました。
今ではコンビニでの恵方巻きや3トンもの豆を投げる「すごい豆まき」と現代に合わせた盛り上がりをみせています。

まとめ

今回は旧正月について中国を中心に紹介してきました。
旧正月を知る上で大事なことをおさらいしておきます。

  • 旧正月は中国がルーツで、今も中国では一大イベントで、その際の長期休暇が爆買いに繋がっている
  • アジアでも時期が異なることもあるが、旧正月が行われており、中国の影響が強い
  • 日本では旧正月は廃れているが西日本では脈々と祭りが行われているものもある

中国の春節と日本の正月に思わぬ共通点があることはとても興味深いですね!

スポンサーリンク
レンダリング大
レンダリング大

シェアする

フォローする

旧正月って一体いつ?正月と何が違う?日本と世界の旧正月まとめ
この記事をお届けした
omatullyの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る