正月はやっぱりおせち料理だね!作法や由来と最新の楽しみ方

シェアする

スポンサーリンク
おせち料理

正月といえば欠かせないのがおせち料理です!
普段たべないものがずらりと並びます。その料理には実は色んな意味があるのです。
また最近のおせち料理についてだいぶ変わってきているのをご存じでしょうか。

今回は「おせち料理」に関する伝統的な由来や料理の意味、そして今風の楽しみ方をご紹介します。

スポンサーリンク
レンダリング大

そもそもおせち料理って何?

おせち料理とは新年は年神様をお迎えするために、お供えされる料理です。

また新年を迎えることが出来たことを祝い、正月に家族やあいさつに来てくれた人たちと一緒にいただきます。

最近では苦手という人も少なくなく、食べないという人もでてきていますが、それでも2016年のお正月、4人中3人がおせち料理を食べています。

どうしてお正月におせちを食べるの?

おせち料理を漢字で書くと「御節料理」となります。
この節という字は「節句」のことで1年の中で節目になる日を指します。
節句は、今も馴染みのある風習として残っています。

名称日付風習
人日(じんじつ)1月7日七草がゆを食べる
上巳(じょうし)3月3日ひな祭り、桃の節句
端午(たんご)5月5日こどもの日、菖蒲の節句
七夕(しちせき)7月7日たなばた祭り
重陽(ちょうよう)9月9日菊の節句

元日は、節句の中でも特におめでたい日とされていて、五節句とは別で扱われています。
昔は、節句に神様にお供えするための料理はすべて「おせち料理」呼ばれていました。

時が経つにつれ、節句でも特別である正月に食べるものだけがおせち料理と呼ばれるようになったのです。

おせち料理の由来はこんなにも古い!

奈良時代ころまでに伝わった中国の五節句を元に「節会(せちえ)」という宮中行事が行われていました。

そこで供される供御(天皇の食事)を「節供(せっく)」といい、高盛りになったご飯がおせち料理の起源と考えられています。

時代が進むにつれて、宮中から武家、武家から庶民と広まり今に続いています。

おせちを食べ始めるのは大晦日?それとも元旦から?

おせち料理は元々大晦日の夜、つまり新年を迎えてすぐにいただくものでした。

時代が進みおせち料理が武家でも楽しまれるようになってから、重箱にたくさんの料理を詰めてお客様にもふるまうという意味合いも込められてきました。

そのため元日の日が昇ってから食べるという風習が今では一般的になっています。

おせち料理は日持ちするものが多く、3が日までに食べるというのが風習です。

正月は一体いつからいつまで?【元旦・3が日・松の内】
正月は一体いつからいつまで?【元旦・3が日・松の内】
「仕事が始まっているけどいつまで正月なの?」 「三が日までがお正月でしょ」日本人にとって年末から始ま >>続きを読む

年神様を迎え入れている松の内に、縁起の悪い刃物や良いことも洗い流してしまう水周りの仕事(料理や食器洗い)をしないためと言われています。

また一方で普段家事で忙しい主婦もゆっくり休めるようにという意味も込められています。

喪中・忌中の人は正月料理を食べていいの?
新年を迎える前年に親族に不幸があった場合、喪中、または忌中になります。
その間はお祝い事は控えるのが習わしですので、おせち料理は控え、「精進料理」を食べるという方も昔はいました。
現在は特段気にせず、おせちを外し好きなものを食べるのが一般的のようです。

おせちを詰める重箱の意味は?

おせち料理
おせち料理と言えばやはり重箱に詰めてあるというイメージが浮かぶのではないでしょうか。
実は、めでたさが重なるようにという願いを込めて、段重ねの重箱にご馳走を詰めるのです。
さらに、たくさんの料理を場所取らずにふるまえること、日持ちさせるために段重ねすることでサランラップの代わりになることも重箱を活用する理由とされています。

重箱に何を詰めるの?

最近では一段一人重が欲しいというニーズがあるもののやっぱり重ねるものが主流です。
3段、5段と奇数が基本でこの数も割り切れないという縁起を担いでいます。
ではどんな構成になっているか見てみましょう。

三段の重箱

段数内容具体的な料理
一の段
祝い肴・口取り黒豆、田作り、栗きんとん、伊達巻きetc
二の段
酢の物・焼き物紅白なます、酢蓮、鯛、えび、ブリetc
三の段
煮物れんこん、里芋、くわい、ごぼうetc

五段の重箱

段数内容具体的な料理
一の段祝い肴黒豆、数の子、田作りorたたきごぼう
二の段口取り・酢の物紅白かまぼこ、伊達巻、昆布、錦玉子etc
三の段海の幸ブリ、鯛、えびetc
与の段山の幸れんこん、里芋、にんじん、ごぼうetc
五の段控えの重空にして福がはいるようにする

口取り(くちとり)」は「口取り肴(くちとりざかな)」の略で、元々はおもてなしの料理のことです。
お酒が飲めない人や子どものために「黒豆」「栗きんとん」などの甘い料理が口取りとして知られています。

また五段に出てくる与の重の「」は本来「四」です。
昔から言われるように「四」は「死」を連想させて縁起が良くないとされることから「与」という字が使われています。

重箱の詰め方

おせちには昔かながらの詰め方があります。
どれもおせちを美しく盛り付けるためのです。

お重の仕切りとしては、葉らんや、笹の葉などで仕切ります。
アルミ箔などで仕切っても良いです。

重箱のタイプによっては仕切りがついたものも売られています。
料理を詰めていくだけなので、レイアウトに困らず大変便利ですね。

おせち料理は重詰料理でないとダメ?

お皿の盛るおせち料理
おせち料理は重箱に盛り付けなければならないイメージがありますが、実はおせちが重詰になったのは明治以降だといわれています。
それまでは膳と言われていたので絶対に重詰でなければいけないということではなさそうです。

お重の代わりにお皿に盛り付ける場合も、おせちを懐石料理のようにコース仕立てにし、重詰めに使うアイテムを取り入れながら盛り付けるとお正月らしさが演出できます。

スポンサーリンク

お正月に使う祝い箸!

祝い箸

どこから見てもおめでたい!祝い箸の由来や意味とは

おせち料理やお雑煮はお祝い事で使う「祝い箸(いわいばし)」を使うのが日本の風習です。
なぜお正月料理には、普段使いのお箸ではなく「祝い箸」を使うのか、その由来や意味を見ていきましょう。

一般的は箸は女性で20〜21cm、男性で22〜23cmが使いやすい長さと言われています。
祝い箸は24cmと(八寸)少し長めで、これは八という字が末広がりとされ、縁起担ぎのひとつです。

また普通の箸は先が細くなっていきますが、祝い箸は「両口箸(りょうぐちはし)」といい、先端だけでなく持ち手の方も細くなっています。
片方は人が食べるために使い、もう片方は神様が食べるために使うものです。

これを「神人共食(しんじんきょうしょく)」といい、年神様へのお供え物を分かち合って食べることで、感謝の気持ちと新年が良いものとなるよう願いが込められています。

両端が細くなっているため、俵の形に似ているとされ「俵箸(たわらばし)」、箸の真ん中がふくらんでいるので、「はらみ箸」と呼ばれ、豊作や子宝を祈り祝う縁起の良いか形であるとも言われています。

そして祝い箸は柳で作られているため、「柳箸(やなぎばし)」とも呼ばれています。
正月という祝いの場で何かが壊れるという縁起が悪いことが起こらないよう、箸も壊れにくい柳が使われているのです。

儀式としての意味、長さや形、素材どれをとっても大変縁起の良いものですね。

ではそんな祝い箸はどのようにつかうのでしょうか。

割り箸とは違います!祝い箸の使い方

祝い箸が普段の箸と違い縁起が良いことは十分に伝わったかと思いますが、実は使い方も違うのです。

お祝いの席で恥をかかないよう正しい使い方を学んでおきましょう。

祝い箸を入れるお箸袋にそれぞれ家族の名前をその家の家長がいれます。

それを大晦日に神棚にお供えし、元旦から使い始めるのが昔からの風習です。

新年の挨拶にきたお客様には「上様」と書いた箸を出すようにしましょう。

使う度に自分で洗い、松の内の間(関東では1月7日、関西では1月15日が一般的)は自分の祝い箸を使い続けるというのが「正しい使い方」になります。

普段使いではないため割り箸のように1度使ってしまったら捨てをしてしまう人がいますがこれは祝い箸では間違いですので注意しましょう。

祝い箸は割り箸でもいいの?
これもよく混合されがちですが、鏡餅を割ることも鏡開きと言い換えるほど「割る」という言葉は縁起の悪い言葉なのです。
ですので、間違ってお客様に割り箸を出すと大変失礼にあたり、怒る方もいますので、気をつけましょう。

祝い箸は「どんと焼き」「左義長」と呼ばれる正月飾りなどを燃やすお祭り行事で一緒に燃やして処分します。

▼関連記事
片付けた正月飾りはどうしたら?

美しい箸袋に入った祝い箸も市販されていますし、和紙や千代紙などを使って自分で手作りしても楽しそうですね。
よりおせち料理が華やかになることでしょう。

各おせち料理ごとの意味は?

祝い三種

祝い肴三種
実はこの三つさえあれば、おせち料理として成立します。
それは黒豆、数の子、関東では田作り、関西ではたたきごぼうとなります。

黒豆

マメ(一生毛名)に働く、マメ(健康)に過ごせるようにという長寿と健康を願ったものです。
また黒は道教において邪除けの色、マメも魔を滅っする(魔滅)とされ黒豆は大変縁起が良いものとされています。
甘く煮ると一週間は余裕で持ちますので、作る際は早めに用意しても良いでしょう。

数の子

数の子は鰊(にしん)の卵で、たくさん産まれてきます。
そこにかけて二親(にしん)からたくさんの子が産まれるとし、両輪の健康と子宝を願ったものです。
昔のニシンは雑魚であったため、貧富の差など関係なく祝おうと八代目将軍徳川吉宗がおせちに加えた供言われています。

田作り

イワシが豊漁で田に埋めて処理した時 米が豊作となったのが始まりです。
また「五万米(ごまめ)」ともいい、まめは健康であることを意味し、五穀豊穣だけでなく、長寿や健康を願うものでもありました。
田作りも一週間から二週間くらい日持ちします。

たたきごぼう

地中深くに根を張るごぼうは長寿や家の土台がしっかりする、家業が安泰するという願いが込められています。
たたきごぼうも一週間ほど日持ちします。

その他の伝統的なおせち料理

おせち料理

伊達巻き

伊達と言えばやっぱり伊達政宗ですよね。派手さはそれだけで祝事を表します。
また「巻き」から巻物から学問などに関する縁起物とも考えられています。

錦玉子

黄身と白身の2色が美しい錦玉子(にしきたまご)は、二色と錦が語呂合わせになっています。
金と銀で織られた錦は財宝に通じるとされ、縁起がよいものです。

栗きんとん

「金団(きんとん)」は金の団子もしくは金の布団という意味があります。
金塊や金の小判に見立てられ、商売繁盛・金運・財運をもたらす縁起物です。

紅白かまぼこ

かまぼこの形は日の出を表しそれだけで正月にかかせない料理です。
紅はめでたさと慶びを、白は神聖を表します。

昆布巻き

昆布は「喜ぶ」の語呂合わせで、正月の鏡飾りにも用いられています。

紅白なます

ごく細く切ったダイコンとニンジンを甘酢で漬け、ユズの皮で香りをつけたものが一般的です。
縁起の良い水引に見立てられます。

菊花かぶ

菊は国花で長寿を表します。
またかぶは頭に通じ、頭(かしら)を目指すようにと、武家の間で縁起のいい食べ物として広まったといわれています。

小肌粟漬

小肌はコノシロという魚の成魚になる前の名前です。
いわゆる出世魚なので縁起がよいとされています。

ちょろぎ

ちょろぎは長老喜という字を当て、長寿を願う縁起物とされています。

酢蓮

れんこんは穴が空いていて先を見通すということで、縁起がよいものです。

海老

海老は語呂合わせではなく見た目からきています。
腰が曲がっている姿が老人を想像させ、「腰が曲がる歳まで長生きできるように」と言う願いが込められている縁起物です。

だれもが知っているでしょう。
めで”鯛”ですよね。

芽出しくわい

くわいも鯛と同じく語呂合わせです。
とても大きな芽が出るため「めでたい」となります。

里芋

里芋には子イモがたくさんつくことから、子宝への願いが込められています。

最近のおせちの実情

古くから続くおせち料理ですが、最近では年々食べる人が減少しています。
それでもまだ7割を超える人達が楽しんでいます。

核家族や独身のために、作るのではなく買うおせちが増えています。
中には一人用のおせちなんかも・・・

今は食文化が多様化しおいしいものもたくさんあります。
それに合わせたおせちが今後もでてきますが、昔からおせち料理がずっと同じ形であり続けたわけではありません。

どんな形であれ、おせち料理を食べるとお正月だなぁという気持ちを持てるといいのではないでしょうか。

まとめ

おせち料理には色んな風習や意味がありますね。
今おせち料理のルールをすべて守るのは難しいかもしれません。

無理せず自分なりにおせち料理を楽しみ、新年を迎えたことの感謝と新たな気持ちを持てると良いですね。

スポンサーリンク
レンダリング大
レンダリング大

シェアする

フォローする

正月はやっぱりおせち料理だね!作法や由来と最新の楽しみ方
この記事をお届けした
omatullyの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る