【決定版】正月飾りはいつからいつまで?購入・外す時期・処分の手順

シェアする

スポンサーリンク

「正月飾りしまうの忘れた!」
「しめ縄をかざっちゃいけない日はいつだっけ?」

無事新年を迎えることを祝うお正月はおせちの用意や年賀状、初詣、正月飾りなどたくさんの習わしやそのための準備があります。
1年に1度ということで、準備や段取りで忘れてしまったり、実は正しいマナーを知らなかったりということはないでしょうか。

「一年の計は元旦にあり」ともいいます。
大切な1年のはじまりで失敗しないために、「正月飾り」について入手方法や飾る時期、片付ける時期などをお伝えします。

とにかくいつかだけを知りたい方は目次のまとめから確認出来ますよ。

スポンサーリンク
レンダリング大

そもそもなんで?正月飾りを飾る意味は?

もともと正月とは先祖の神様である「年神様」をお迎えして、新しい年の幸せと豊穣を家族で願うものでした。
その年神様をお迎えする準備として、恵方に向けて年棚を設け、しめ縄(しめなわ)を張り、門松を飾り、鏡餅(かがみもち)やおせち料理をお供えします。

依り代

依り代とは神様を迎え入れるために用意されたモノや場所などを意味します。
正月飾りでは「年棚」「門松」「松飾り」「注連飾り」「玉飾り(たまかざり)」「輪飾り(わかざり)」などがこれに当たります。

供え物

年神様の食事として用意するものです。
三種の神器をもした「鏡餅」や全てが縁起物でできている「おせち料理」がこれに当たります。

予祝(よしゅく)

予祝とは新年の五穀豊穣や無病息災を祈願する前祝いを意味し、そのために飾られるものです。
「餅花」「羽子板」「破魔矢」「破魔弓」などで、スーパーなどよりは神社や歳の市などで売られていることが多いですね。
お正月だけでなく花見や盆踊り、秋の収穫祭も予祝に当たります。

正月飾りはどこで買う?売ってる所まとめ!

いざ正月飾りを購入するとなるとどんな手段があるでしょうか。
年末になると様々なところで見かけますが、時期も合わせてわかりやすくまとめてみました。
もし困ったら参考にしてみて下さい。

インターネット

ネットショップ購入

今は便利な世の中です。
正月飾りもインターネットで購入できます。
Amazonや楽天などや専門ショップもあり、値段も質もピンキリです。
ものによっては1年中手に入るとか、恐ろしいですね。

【 選べる 8種】 しめ縄 正月飾り リース 干支 迎春飾り (D3402 33cmx17cm)

※ネットショップで購入する際は、配送までに時間がかかる場合があるためその点に注意して下さい。

スーパー、ホームセンター、コンビニ

日本で普段利用していないという人はほとんどいないのではないでしょうか。
コンビニはクリスマス後が多いですが、スーパーやホームセンターでは11月ころから鏡餅やしめ縄、小さい門松などが購入できます。
大掃除やその準備でホームセンターに行くと見かけることも多いのではないでしょうか。
大量生産で作られたモノが中心で、比較的安く手に入りますが、その分簡易的なものになります。

花屋、造園

鏡餅や羽子板などはないですが、門松やしめ縄、鏡餅に欠かせない「裏白(うらじろ)」などが購入できます。
さすが植物の専門ショップであるため、良いモノが手に入ります。

歳の市、市場、露店

羽子板市

お正月の雰囲気を楽しみたい人は地域の歳の市や商店街などにでる露店で購入するのも手ではないでしょうか。
神社や市場で行われている歳の市では、熊手や羽子板、餅花、おせち料理の材料なども手に入ります。
残念ながら昔に比べると全国的に露店が減少しているようです。

自作する

そもそもは「正月事始め」といい、門松やお雑煮ようの薪などを山にとりにいく風習がありましたが、今はなかなか難しいですよね。
鏡餅も町内会などの地域の集まりがあれば、杵と臼を用意して餅つきできるかもしれませんがあまり見かけません。

「やっぱり買うのがいいじゃん!」

という人もいる一方、最近ではハンドメイドブームもあり、100円ショップなどで材料を購入し簡単にカワイイしめ縄や床飾りを作る人も増えています。
それでも大変!でも作ってみたいという方は正月飾りの自作キットが売っているので、それを少しアレンジするだけで自分だけのオリジナルなお正月を過ごせるかもしれません。
また作った正月飾りは「minne(ミンネ)」などのハンドメイドマーケットサービスで売買されているので、そちらも注目してみるのも良いでしょう。

レンタルする

お店やオフィスビル、マンションなどの玄関で立派な門松を見かけることはよくありますよね。
当然買っている人達も多いのですが、実はインターネットでレンタルすることもできます。

参考サイト:井上熱帯園

大きな正月飾りは片付けも大変ですので、レンタル業者に頼むのも1つの手段ではないでしょうか。

色んな方法で正月飾りを購入することが出来ます。

新年を迎える上でこれだ!と思える「正月飾り」を入手したら今度は飾る時期が気になりますよね。

スポンサーリンク

正月飾りを飾る時期っていつから?

購入は11月くらいからできますが、いつから飾るのか悩みますよね。
本来であればお正月を迎えるために12月13日に行われる「すす払い(年末の大掃除)」の後とされています。

ですが、日本の行事の一つになったクリスマスと被らないようクリスマス後に飾られるのが一般的です。

また、12月29日は「二重苦」また月末の9日で「苦が待つ」と縁起が悪い日、大晦日の12月31日は「一夜飾り」で年神様に対して失礼であると考えられ、飾り付ける日としては避けられています。

ですので、正月飾りは12月26日~28日、30日で飾り付けするのが良いでしょう。

正月飾りはいつまで飾ってるの?

正月飾りを片付ける時期はものによって違います。

おせち料理

神様のお供えであり、お正月にとる食事でもあります。
元々は乾物などの食材をお供えしていましたが、江戸時代ごろより今のおせち料理のように調理された縁起物となりました。
一般的には元旦から頂きますが、北海道や東北では新年を迎えるために食べるということで、大晦日に食していたそうです。
おせち料理は三が日に掃除や料理などの家事をしないために作られた料理ですので、元旦に食べきる必要はありません。
3日くらいを目処に食べるのが良いでしょう。
とはいえ、購入されたおせち料理は、消費期限が短い場合がありますので、しっかり確かめましょう。

門松、しめ飾り、羽子板(依り代、予祝)

おせち料理、鏡餅の2つ以外は「松の内」と呼ばれる期間まで飾るのが一般的です。
松の内は関東と関西で日にちが変わります。

  • 関東…1月7日
  • 関西…1月15日

鏡餅

年神様のお供え物である鏡餅を下げて、お汁粉や雑煮にしていただくことを「鏡開き」「鏡割り」
といいます。
餅を木槌で割ったり、包丁で切ることは縁起が悪いとされ、松の内が終わって(年神様が去って)から行います。
そのため、関東と関西で日にち時期が違います。

  • 関東…1月11日
  • 関西…1月20日

片付けの時期には既に仕事や学校が始まっていることが多く、処分をどうするかで時期を前後しなければならない場合があるので注意して下さい。

正月は一体いつからいつまで?【元旦・3が日・松の内】
正月は一体いつからいつまで?【元旦・3が日・松の内】
「仕事が始まっているけどいつまで正月なの?」 「三が日までがお正月でしょ」日本人にとって年末から始ま >>続きを読む

片付けた正月飾りはどうしたら?

おせちや鏡餅は食べてしまえば終わりですが、門松やしめ飾りなどは正しい処分の仕方があります。

お焚き上げ、左義長、どんと焼き

最寄りの神社や自治体などで行われる「お焚き上げ」「左義長」「どんと焼き」と呼ばれる行事があります。
正月飾りを燃やし、年神様の元に送ってくれます。
場所によっては正月飾りだけでなく、去年のお守りや御札なども清めてくれる場合があります。
最近は環境問題や火事のリスクなどを考え行うところも減ってきています。

「ウチの近所でどんと焼きやってない!」
「忙しくてお焚き上げにいけなかった…」
「持って行ったけど、燃やすことができないと言われた」

ということもあるかもしれません。
そんな時は次の方法でも良いでしょう。

家で処分または業者に処分してもらう

縁起物ですのでゴミとして捨てることに抵抗があるかもしれませんが、
お清めをすれば問題ないと考える神社も少なくありません。

家でのお清め方法を教えてくれる神社などもありますので、それを参考に処分してみてはいかがでしょうか。

○家庭でのお清め方法

1、新聞紙を広げ、その上にお清めする物を置きます。
2、次にお清めする物にお塩を左、右、左と三回かけます。
3、最後にそのまま新聞紙でくるみ、処分して下さい。
引用-浅草神社

まとめ

以上が正月飾りの入手から処分までになります。
もう一度おさらいしてみましょう。

  1. 購入する…
    • 11月頃から売られ始める。
    • 今ではネットでも入手できるし、簡単に作ることも出来ます。
  2. 飾り付け…
    • クリスマス後が一般的。ただし12月29日と12月31日はダメ!
  3. 片付ける…
    • おせちは元日から消費期限以内に。東北北海道は大晦日に食べることも。
    • 門松やしめ飾りなど基本は松の内に!
      • 関東…1月7日
      • 関西…1月15日
    • 鏡餅は松の内の後!
      • 関東…1月11日
      • 関西…1月20日
  4. 処分する…
    • 松の内に神社や自治団体でどんと焼き、お焚き上げしてもらうのが一般的。
      • 関東…1月7日
      • 関西…1月20日(またはその周辺の週末)
    • 時期を逃した、燃やせないものだった場合は家で清めてからゴミとして処分!

正月飾りはお正月を祝う大事なアイテムです!
バッチリ飾って新年を迎えましょう!

スポンサーリンク
レンダリング大
レンダリング大

シェアする

フォローする

【決定版】正月飾りはいつからいつまで?購入・外す時期・処分の手順
この記事をお届けした
omatullyの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る