ハロウィンとはどんなもの?由来を知ってよりパーティを楽しもう!

シェアする

スポンサーリンク

近年日本でもおなじみになってきた「ハロウィン」。
10月が近づくと街のあちらこちらにカボチャ飾りやカボチャを使ったお菓子が並びます。
またハロウィン当日に仮装をする人たちも見かけますね。

ところでこのハロウィン、詳しく知っていますか?

スポンサーリンク
レンダリング大

合い言葉は「トリック・オア・トリート!」

「ハロウィン」あるいは「ハロウィーン」(英: Halloween または Hallowe’en)は毎年10月31日に行われるお祭りです。

魔女やお化けに仮装した子供たち。「トリック・オア・トリート」 と唱えながら家々を訪ねてお菓子を集めて回ります。迎える家の人は「Happy Halloween!」と言ってお菓子を渡します。

これはかつての祝祭のために家々を回って供物を買う費用をねだった風習の名残だったともいわれています。
またハロウィン文化のごく初期の頃、イギリス全土で行われていた「ソウリング」あるいは「ソウルケーキング」という行為がありました。子どもたちが主役となり数人のグループで詩を詠い家々を回るのです。

地域によって朝は子どもたち、夜は大人たちがソウリングを行って食料や飲料を求めました。食料、飲料、コインの授受だけでなく欠くことのできなかったのが「ソウルケーキ」でした。香辛料を効かせ干しぶどうをのせたソウルケーキは幸運の象徴とされ、食べずに仕舞っておかれることもあったといいます。

ハロウィン ソウルケーキ

出典:Lea & Jay

こうした古い風習との関連を指摘する説や、クリスマスに行われた仮装して家を回り小間物類と食料品を交換したり子どもをおどかしたりした「ベルスニクリング」が由来だとする説などがあります。いずれにせよ「トリック・オア・トリート」 が広く普及したのは大戦後配給制度が終わった頃からのようです。

古代ケルトにルーツ、10月31日のお祭り

アイルランドやスコットランドなどの欧州に暮らしていた古代ケルト人に起源があるとされています。1年を夏と冬に分け、夏の終わりを1年の始まりとしていた彼らにとって10月31日は1年の終わりの日でした。

ケルト人にとって1日は日没から始まります。31日の日没からを「サムハイン」(サムウィンとも。夏の終わりの意)といい、1年の終わり秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事を行いました。サムハインにはこの世とあの世の扉が1年に1度開かれると考えられていました。

死者が家族を訪ねたり異界から魔女や妖精がやってくると信じられ、身を守るために仮面をつけたり魔除けの火を燃やし続けたりしたのです。
このサムハインがやがてキリスト教の広まりによって形を変えていった結果、「ハロウィン」へとつながっていきました。

さらに移民と共にアメリカ大陸にもたらされ、民間行事として定着し今日目にするようなかたちになりました。宗教的意味合いが薄れイベント的お祭りに姿を変えました。カボチャの中身をくり抜いて作った「ジャック・オー・ランタン」(※)を飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家を訪れてお菓子をもらったりする風習があります。

ちなみにお菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよいとされているそう。卵を投げつける、木にトイレットペーパーを投げるなどのイタズラをする子どもたちもいるそうです。

※「ジャック・オー・ランタン」についてはこちらの記事をどうぞ
https://omatully.com/jackolantern/

スポンサーリンク

「ハロウィン」の語源

カトリック教会で11月1日に祝われる「諸聖人の日」(古くは「万聖節」とも。All Hallows)。
「諸聖人の日」とはすべての聖人・殉教者をまつる祝祭です。キリストを信じて世を去った人々を記念し平安を祈る日で、教会や墓地を訪れ礼拝やお参りをします。
前夜にあたる10月31日は「オールハロウズ・イヴ」(All Hallows eve)といい、このハロウズ・イヴ(Hallows eve)が訛ってハロウィン(Halloween)と呼ばれるようになったとされています。

欧米でもハロウィンを行わない場所もある

ケルトの影響が強いスコットランド・アイルランドなどでハロウィンが祝われる一方で、イングランド南部ではハロウィンの習慣が廃れました。
イングランド南部では17世紀以降、11月5日の火薬陰謀事件の記念日(ガイ・フォークス・ナイト)に置き換わったのです。「ガイ・フォークス・ナイト」とは1605年にガイ・フォークスというカトリック教徒の男が英国上院議場を爆破およびジェームズ1世を暗殺しようとした事件が元となっています。事件は未遂に終わったものの英国の休日に制定され祝祭が行われることになりました。その後40年ほどはハロウィンと共存していましたが、やがて議会がガイ・フォークス・ナイト以外の祝祭を禁じたため廃れました。

アメリカで現代のかたちになったハロウィン。

けれどアメリカの祝祭日と記録されたのは19世紀初頭以降でした。19世紀にアイルランド・スコットランドから大量移民がやってきてハロウィンが定着し始めます。本国で廃れつつあった焚火も行われたり、占いのバリエーションに変化があったり。アメリカ大陸にはハロウィンに反対する清教徒も多く、一部の共同体のなかの行事に留まっていました。時代とともに社会に受け容れられ、世界大戦後にハロウィンの大流行が起こり世界中に習慣が広まっていきました。
とはいえ現在にいたるまで、キリスト教の宗派のなかにもハロウィンを認めていないものもあります。異国色の強いハロウィンが信仰として相容れない部分があるのは無理からぬことかもしれませんね。

ハロウィンの仮装には決まりがある?

元来ハロウィンの仮装には異界からやってくる怪物たちから身を守るための仮面、隠れ蓑としての役割がありました。
怪物たちと同じような格好をして仲間だと思わせるのです。そのため仮装のモチーフには取り入れられたのは不気味で恐ろしいもの。超自然的な存在である妖精・精霊・怪物、また死を連想させる存在でした。幽霊・魔女・コウモリ・黒猫・悪魔などの民間伝承に登場するものや、文学作品で有名になったドラキュラや狼男・フランケンシュタインなどの怪物も含まれます。
また衣装だけでなくハロウィンが近づくとシンボルとして家に飾ることもあります。

やがて時代を経るごとに身を守る意味合いが薄れ、子どもたちは自分の好きな格好をして楽しむようになりました。
有名映画のキャラクター、お姫様、海賊なども人気があります。海外でも日本の漫画やアニメのキャラクターの格好を楽しむひとたちも。

また大人たちも仮装を楽しむようになりました。
異性装を楽しむひともいます。仮装をして子どもたちを迎えたりハロウィンパーティーを楽しんだり。
仮装とあわせは住宅の飾りつけに力を入れる人たちも現れました。収穫祭の側面から庭に案山子・カボチャ・干し草などを配置していたかつての素朴なものから、いまは住宅をハロウィンのモチーフや電飾などで飾り付けるようになりました。手の込んだディスプレイは見物です。

良識的で不快感を与えない範囲であればどのような仮装でもかまわないようです。

ただアメリカのハロウィンの歴史において、差別や偏見を助長するとして次第に避けるようになったモチーフも少なからずあります。
黒人・インディアンなど特定の人種や民族に扮すること、拘束服など身体障害者を連想させる扮装は批判の対象となっています。人種問題や差別問題などはデリケートな問題です。
妊婦の仮装もまま見受けられますが人によってはデリケートな事柄ですので避けた方が無難かもしれません。
またあまりに露出の多い衣装も賛否両論です。

パーティーの余興「ダック・アップル」

ハロウィンにまつわる習慣にリンゴを用いたものがいくつかあります。
リンゴを用いて最愛のひとを占う方法がイギリスにあったり、アメリカのパーティーの余興で使われたり。
ハロウィン料理にも登場します。これらはリンゴの収穫時期であること、聖書にも登場する神聖さがあることなどの理由があるようです。(起源1世紀頃のローマ人によって崇められた女神のシンボルから来ているという説もあるそう)さらにはリンゴとハロウィンの繋がりはケルト文化にまで遡るとも言われています。

ハロウィンパーティーの余興としてリンゴ食い競争が行われます。
それが「 ダック・アップル」 (Duck Apple) または「アップル・ボビング 」(Apple Bobbing) 。大きめのたらいに水を張りリンゴを浮かべて、手を使わずに口でくわえてとるゲームです。

「スナップ・アップル」(Snap Apple)といって吊るしたリンゴの早食い競争もあります。吊るした棒の一端にはリンゴ、もう一端にはなんと火のついたロウソクを吊るして棒を回し、参加者はリンゴを獲るというゲームです。盛んに行われた地域ではハロウィンを「スナップ・アップル・ナイト」やかっさらう仕草から「スノッチング・ナイト」と呼んだそう。危険な遊びですね。

小麦粉のなかから口だけを使って10セント硬貨(諸説あり)を取り出すゲームも。

また闇鍋のような催しも。暗闇のなかでべたべたした食べ物、たとえばスパゲッティなどの皿を回しさも内臓のように振る舞いおどかしながら食べるといったこともあるようです。
トップへ戻る