みんな知ってた?ひな祭りの歴史と意外な4つの豆知識!

シェアする

スポンサーリンク

3月3日は女性の祭りとして有名なひな祭りです。
ちょうどその時期に花咲く桃の木には、邪気を払う力があり、「桃の節句」ともいわれています。

女性なら可愛らしいひな人形を家で飾ったり、外で大きな雛壇を見たりと楽しんだことがあるでしょう。
また、ひなあられや菱餅などひな祭りに食べる食事なども魅力の一つです。

そんなひな祭りについてもっと知ることで、より一層ひな祭りを楽しんでは見ませんか?

スポンサーリンク
レンダリング大

始まりは女性の祭りではなかった!?

ひな祭りの始まりは、3世紀頃の中国で行っていた風習です。
当時の中国では、「季節の変わり目は邪気が入る」と考えられていました。
上巳(じょうみ)と呼ばれる3月最初の巳の日に、水辺で禊(みそぎ)をし身体を清めることや、「曲水の宴」と言う水の流れのある場所の傍に座り、酒を注いだ盃を流し、自分の前を通り過ぎるまでに詩歌を詠み、盃の酒を飲んで次のひとに流すという風習がありました。

これが平安時代に日本にも伝えられ、天皇の穢れを祓うために行われていた禊と結びつき、宮中行事へと移っていきます。
中国で行われていたように男女関わらず川のほとりで「曲水の宴」を行ったり、人形で自分の体をなでることで穢れをうつし、放流する儀式が行われたりしました。
これが現在でも行われている「流し雛」の始まりと言われています。

室町時代に入ると、武家社会が中心となり宮中行事が武家でも行われるようになります。
ひな祭りは3月3日に固定されたものの、儀式の中身としてはまだ宮中行事と同じものでした。

そして江戸時代に徳川幕府は五節句という年に5回の祝日を設けました。
その祝日とは1月7日(人日の節句)、3月3日(上巳の節句)、5月5日(端午の節句)、7月7日(七夕の節句)、9月9日(重陽の節句)という9月9日以外は今の時代でも祝日であったり、祝時として楽しんでいるお馴染みの節句です。

もともと女性のものであった端午の節句は菖蒲が刀のような形をしており勇ましいイメージが強くなり、男の子の成長を祝う慶事となりました。
また上巳の節句は男女関係無かったのが、女の子のための節句として定着するようになりました。

最初は立ってたお雛様!

先ほどもありましたとおり、平安時代、宮中で行われていた上巳の節句で自身の穢れを移し、川や海に流すために使われていた人形。
当時の人形(ひとがた)は今のひな人形などとは違い、草木や紙などで作られていました。
同じ時期、宮中の幼女が人形を使って遊ぶ「ひいな遊び」が流行っていました。
これは現代で言うおままごとをイメージしていただければわかりやすいかもしれません。

室町時代には上巳の節句で使われていた人形(ひとがた)とひいな遊びの人形(にんぎょう)が混ざり合い、紙で出来た立ち雛が作られるようになりました。身代わりとしての役割を果たしていましたが、男女一対であり、これがひな人形の原型といえるかもしれません。

紙雛

出典:河北町HP

江戸時代初期頃になると、ひな人形は穢れを移し流すものではなく財力の象徴となり座り雛に姿を変えるようになりました。
寛永雛」と呼ばれる質素な内裏雛(男女一対)だけものから、「元禄雛」という内裏雛を乗せる段や屏風が付き、着せるものも十二単になるなどより豪華なものとなっていきます。

寛永雛 ひな人形

出典:ぶらり旅

スポンサーリンク

えっ!ひな人形が販売禁止?

江戸時代にはより様々なひな人形が登場します。
豪華に飾るだけでなく、人形のサイズも幼児と同じ程の「享保雛」というものも生まれ、これが町人の間でも飾られるようになりました。

享保雛

けれどもこのひな人形の巨大化競争が過激になり、徳川幕府によって24cm以上のものを製造・販売することが禁止されました。これは驚きですね。
この頃の人達はとても反骨精神があり、禁止をされたことで「芥子雛」と呼ばれる10cmほどの小さくも豪華なものや、より精巧さで競うようになりました。

そして江戸時代後期に庶民向けに「古今雛」と呼ばれるものが登場します。
五人囃子や三人官女、嫁道具などを七段飾りする現代でもよくみるひな人形です。
この頃に「初節句」という風習が広まり、女性だけでなく女の子のための行事にもなっていくのです。

ひな段に金魚を供える?

関東には江戸後期から続く「新雛」と呼ばれ、ひな段に金魚を供えるという今ではあまり見られないものです。
ひな人形には、古来ハマグリやアサリ、スルメなどの海産物を供えますが、海から遠い地域では入手するのが難しく、その代わりとして金魚を供えるようになりました。

また金魚は涼しげで夏のイメージですが、売り始めは2、3月で金魚売りの呼び売り声は春を呼ぶ縁起の良いものとされています。
実際は金魚屋さんが金魚を売りたいために、うまくひな祭りと結びつけたという側面もあるようです。
確かに金魚は海に居ませんものね。
近年も金魚がなかなか売れなくなってきており、3月3日を金魚の日として盛り上げているようです。

身近で知らなかったひな祭り

いかがでしたでしょうか。
ひな祭りも古くから伝わるお祭りのひとつです。
けれども時代によって大きく違い、興味深いものでした。
これからも色々と変化していくかもしれませんが、みなさんにあったひな祭りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レンダリング大
レンダリング大

シェアする

フォローする

みんな知ってた?ひな祭りの歴史と意外な4つの豆知識!
この記事をお届けした
omatullyの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る