お釈迦様の誕生日を祝う!お寺の『花まつり』

シェアする

スポンサーリンク

クリスマスはキリストの生誕祭として有名で日本でも大いに賑わっています。

実は仏教の祖であるお釈迦様の誕生日もお祝いのお祭りがあるって知ってましたか?

今回はこのお釈迦様のお誕生日である「花祭り」についてご紹介します!

スポンサーリンク
レンダリング大

花祭り?灌仏会?

お釈迦様の誕生日として知られる花祭り。
正式には灌仏会(かんぶつえ)と呼ばれ奈良時代より行われています。
奈良の元興寺から始まったとされています。

なぜ、花祭りと呼ばれるかというと、お釈迦様の生まれたルンビニの花園というのがあります。
それに見立ててたくさんの花で飾った御堂を作りお祝いをするからだそうです。

一方で仏教とは関係なく4月8日に農村で行われていた豊作を願う儀式に、お花を依代(よりしろ)として使ったため、
それが仏教行事と重なり花祭りと呼ばれるようになったという説もあります。

このように花祭りはとても親しまれている呼び名ですが、灌仏会には他にもたくさんの別の呼び方があります。
降誕会(ごうたんえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、浴仏会(よくぶつえ)
龍華会(りゅうげえ)、花会式(はなえしき)。

どれもお花やお釈迦様が生まれたことがわかる呼び方ですが、子供も参加するお祭りなので花祭りが一番親しまれているのかもしれません。

灌仏会ってどんなことするの?

お釈迦様は生まれてすぐ、7歩あるいて、右手は天に、左手は地をさして「天上天下唯我独尊」と言ったと伝えられているのは有名かもしれません。
実はそれだけではなく、生まれた際に八大竜王(八人の竜の王様)に甘露の水を注がれ祝福されたとも伝えられているのです。
その故事にならい、花御堂の中に置かれた仏像に甘茶を柄杓で灌(そそ)いでお祝いをします。

そしてその甘茶を飲むと1年病気をしない、目につけると目が良くなるとも言われており、お寺で振る舞われます。
また、甘茶と墨を混ぜて「千早振る卯月八日は吉日よ、神下げ虫を成敗ぞする」と書いたものを、逆さまに柱などに貼ると害虫よけになるなどとも言われています。

スポンサーリンク

甘茶ってどんなお茶?

甘露の水は実在しないですが、甘茶は馴染みが無いかもしれませんが今も飲まれています。
麦茶やお茶に砂糖を入れたものを甘茶と呼んだりもしますが、ここで言うのはまた異なるものでお茶の葉とは全く別物のガクアジサイの仲間から出来ていまです。
名前の通り砂糖の数百倍の甘味成分を含んでいますが、お茶ではないのでカフェインもなく抗アレルギー作用、歯周病に効果があると言われています。
けれども濃い甘茶は中毒を起こすおそれがあるので、家で煮だすときは注意が必要です。

場所によっては甘茶が振る舞われるお祭りもあるので、まずそちらで一度頂いてみるのも良いかもしれません。

可愛い!稚児行列

花祭りでは甘茶を灌ぐだけでなく、稚児行列が行われるところも多くあります。
故事でお釈迦様の母マーヤ夫人が夢の中で身体の中に白象が入っていったというものがあり、
これに習って子どもたちは稚児衣装を着て、花御堂を背にのせた白象とともに行進をします。

行進に参加すると、子供が健やかに育つと言われています。
子供には是非参加させてあげたいものですね。
※各所で参加できる年齢や人数などが限られていますので、参加される場合は事前にご確認下さい。

台湾の灌仏会はビッグイベント!

日本では粛々と行われている灌仏会。
実は海外では全く違います。

台湾では旧暦の4月8日に行われ、世界中から人が集まり数十万人の規模となります。
これだけの人が生誕を祝うために集っている光景は眼を見張るものがあります。

こちらはベトナムです。
お稚児さんではなく、大勢のお坊さんが街中を盛大に行進しています。

日本とは違ったお祝い事として興味をそそられますね。

やっぱり祝い事は大切にしたい!

クリスマスに限らず様々な宗教行事を取り込む日本。
おめでたいことは何でも祝うことができる、
そんな日本だからこそ灌仏会に参加してお釈迦様の誕生日をお祝いしてみるのもいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レンダリング大
レンダリング大

シェアする

フォローする

お釈迦様の誕生日を祝う!お寺の『花まつり』
この記事をお届けした
omatullyの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る