関東11月の風物詩!「酉の市」を知って粋な熊手を探してみよう!

シェアする

スポンサーリンク

11月の酉の日、まばゆく光る電灯に照らされ輝く煌びやかな熊手。
その熊手を手に入れたり、納めたりする関東の方にはおなじみな「酉の市」。
その由来を知ってみなさんも酉の市に繰り出してみませんか?

スポンサーリンク
レンダリング大

酉の市とは?

酉の市とは11月の酉の日を祭日として、各地の鷲(おおとり)明神・日本武尊(やまとたけるのみこと)にまつわる鷲神社や大鳥神社などで行われるお祭りです。開運招福や商売繁盛を願い、江戸時代から続く行事です。境内には小判、鯛、お多福、入船などおめでたいものをつけた熊手を売る露店が並び、まばゆい光景が広がります。
江戸文字で施主の名が書かれた提灯も粋なもの、屋台もたくさん並びます。

11月最初の酉の日を「一の酉」、その後「二の酉」「三の酉」と続きます。酉の日は12日ごとに巡ってくるためその年により日数が変わってきます。三の酉まである年は火事や災難が多いと伝えられています。

酉の市といえば「熊手」

酉の市ではおめでたいものをつけた熊手が並びます。

熊手は福や客を「かき込む」「取り込む」に通じる縁起物です。
熊手はご祝儀価格で売られていて、客側は値切り交渉を繰り返します。これには買った(勝った)まけた(負けた)と気っ風のよいやりとりを楽しむ側面があります。商談が成立すると店側が三本締めの手打ちをしてくれます。
ご贔屓さんとして馴染みになると、入山(いりやま。お客さんの名前を江戸文字で書き上げた札)を差してもらえるようになります。

ちなみに昔は値切った分だけ「ご祝儀」としてお店においてくるのが粋な熊手の買い方とされていたそう。なんとも江戸っ子らしいお話ですね。

1,000円前後の豆熊手もありますが10,000〜50,000円ほどのものを中心に売れているそうです。

予算を決めたら気に入るデザインのものを選びましょう。一口に熊手といってもしめ縄がメインのシンプルなものから、おめでたい鯛やおかめなどの飾りがついた豪華なものまでさまざまです。福々しくおかめのもの、金運祈願で小判があしらわれたものと目的に応じて選ぶのもいいですね。
価格帯の安いものは手締めをしてもらえないそうです。粋な交渉と買い方で手締めしてもらうのはちょっとした憧れですね。お店によって掛け声やテンポが変わるというのでこれまた楽しみのひとつかもしれません。

交渉が成立し持ち帰る際には、来年までの1年により大きな福をかきこんでくれるように願い、熊手を正面に向け高く掲げて帰りましょう。
そして持ち帰った後は福をかきこむよう玄関に向け、神棚などの高いところに飾るようにしましょう。目線より高い位置に飾るのが大切です。また正面を北に向けて飾るのは避けたほうがよいとされています。祈願内容によっては玄関にこだわらず、合格祈願なら志望校の方角など願い事にかかわる方角に向けて祀るのもご利益があるそうですよ。
翌年には1年間お世話になった熊手を納めにいきましょう。
商家の場合は商売が繁盛を願い、毎年少しずつ大きなものに買い換えていくのがならわしです。

また江戸時代から開運招福のお守りとして、たわわに実る稲穂を付けた小さな竹の熊手「かっこめ熊手守り」を授与している寺社もあります。現在も酉の市の日に限り授与しているところがあります。

スポンサーリンク

酉の市の起源は?寺院と神社で異なる由来

酉の市の由来はお寺と神社で異なっています

神社に伝わる由来は日本武尊にまつわるものです。
日本武尊が東夷討伐の帰路に花又の地に立ち寄り戦勝を祝ったことを縁とします。そして尊が伊勢の能褒野(のぼの)で亡くなった後に神社を作り祀りました。そして尊の命日にあたるとされる11月の酉の日に酉の市をおこなうようになったというものです。
以来酉の市は江戸時代から続く年中行事となりました。

酉の市の起源はもと武蔵野国南足立郡花又村(今は足立区花畑町)にある鷲神社にあるとされています。
当初は近くの農民が一帯の鎮守である「鷲大明神」に収穫を感謝した祭りであったそうです。氏子たちが鷲大明神に鶏を奉納し、終わると集まった鶏は浅草・浅草寺まで運び観音堂前に放したといわれます。

なお、起源とされる鷲神社では今でも酉の市が開かれています。

発祥の地とされる足立区・花畑大鷲神社(はなはたおおとりじんじゃ)です。

お寺の由来を知るには酉の市のお寺として有名な浅草の「長國寺」です。
鎌倉時代、文永2(1265)年に日蓮大聖人が国家平穏を祈ったところ、ふいに明星(金星)が動き出し不思議なことに鷲妙見大菩薩が現れたと伝えられています。11月酉の日のことだったといいます。鷲妙見大菩薩は七曜の冠を戴き、宝剣をかざして鷲の背に立つ姿から「鷲大明神」や「おとりさま」と呼ばれ、開運招福の守り本尊とされています。この伝承にちなんで開かれてきた浅草「酉の市」、その本尊として江戸の昔より広く信仰されてきたのでした。
長國寺は近隣に新吉原があったことなどから大いに賑わいを見せました。明治時代の神仏分離で「長國寺」と「鷲神社」に分かれましたが、現在も隣り合って酉の市を開いています。

酉の市の名物

熊手以外にも酉の市の名物があります。「頭の芋」や「切り山椒」です。

江戸時代には唐の芋(里芋の一種)を「頭の芋(かしらのいも)」と名づけ名物としました。食べると人の頭になれると洒落こんでて開運出世の縁起物にしたんですね。かつては笹竹に芋を通していたということです。現在でも商いを続ける露店はありますが数少なくなりました。
粟餅を「黄金餅(こがねもち)」と称して、黄金持ちになるようにと売られ大変な人気を博したようです。
どちらも現在では見かけることが少なくなり、浅草酉の市においては頭の芋を商う店は一軒だけになり、黄金餅(粟餅)は見当たらないということです。

「頭の芋」や「黄金餅」にかわって名物となっているのは切山椒(きりさんしょ)と呼ばれるお菓子です。
しん粉に山椒の汁または粉と砂糖を混ぜて蒸し、臼でつき細長く切った和菓子です。

酉の市の縁日も楽しみがあります。
握り鋏1丁で飴細工を作り上げていく飴屋さんの手業は見るものを惹きつけます。
新宿の花園神社には現在では貴重になった見世物小屋の興行があります。

妖しい世界を覗いてみてはいかがでしょう。

■2015年に行われる各地の酉の市情報は下記をどうぞ!
https://omatully.com/torinoichi-kanagawa/
https://omatully.com/torinoichi-kitakanto/
https://omatully.com/torinoichi-tokyo/

スポンサーリンク
レンダリング大
レンダリング大

シェアする

フォローする

関東11月の風物詩!「酉の市」を知って粋な熊手を探してみよう!
この記事をお届けした
omatullyの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
トップへ戻る